シートメタル加工から組立・金属熱処理まで、みなさまの製品造りに幅広く貢献します
サイトマップ お問い合わせ

JIS ステンレス鋼種

以下のステンレス鋼種表は、ステンレスを幅広く知って頂くために、当社設計部門が技術資料としてウェブ公開するものです。
ステンレス製品の製造を主体とする会社ではありますが、材料の取扱いはしておりません。
ステンレス材料は、品揃え豊富な当グループ『吉川金属株式会社』にご用命下さい。


JIS規格ステンレス鋼種表

オーステナイト系 オーステナイト
・フェライト系
フェライト系 マルテンサイト系 析出硬化系
18クロムー8ニッケルのSUS304が代表的鋼種です。
オーステナイト系ステンレスは一般に延性および靭性に富み、深絞り、曲げ加工などの冷間加工性が良好で溶接性も優れています。
さらに耐食性も優れ、低温、高温における性質も優秀です。
これらの優れた性質のため、用途は広範囲にわたっており、家庭用品、建築用、自動車部品、化学工業、食品工業、合成繊維工業、原子力発電、LNGプラントなどに広く用いられています。
製品形状は薄板が最も多く、そのほか厚板、棒、管、線、鋳物など全般にわたり、SUS304の製造量だけでも全ステンレス生産量の60%以上と言われます。
SUS201SUS202 SUS301SUS301L SUS301J1SUS302 SUS302BSUS303
SUS303SeSUS303Cu SUS304SUS304Cu SUS304HSUS304L SUS304NSUS304N1
SUS304N2SUS304LN SUS304J1SUS304J2 SUS304J3SUS305 SUS305J1SUS308
SUS308LSUS309 SUS309LSUS309Mo SUS309SSUS310 SUS310SSUS312
SUS312LSUS315J1 SUS315J2SUS316 SUS316HSUS316L SUS316LNSUS316N
SUS316TiSUS316J1 SUS316J1LSUS316F SUS317SUS317L SUS317LNSUS317J1
SUS317J2SUS317J3L SUS836LSUS890L SUS321SUS321H SUS347SUS347H
SUS347LSUS384 SUSXM7SUSXM15J1
JIS記号形状特 徴 / 用 途
SUS201鋼板 特   徴 Ni節約鋼種、301の代替鋼。冷間加工により磁性を持つ。
JIS規格では「ばね用ステンレス鋼帯」で規定されるが、調査した国内メーカーでは鋼板・鋼帯の一般生産は認められない。
棒鋼 用   途鉄道車両・自動車部品など
略式組成17Cr-4.5Ni-6Mn-N 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]275 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4309]
SUS202棒鋼 特   徴Ni節約鋼種、302の代替鋼。
Mnを含み非磁性を示す。304や316との判別には、Mnを含有する組成を利用する。
用   途料理道具など
略式組成18Cr-5Ni-8Mn-N 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]275 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303]
SUS301鋼板 特   徴304からCrとNiを低減し、加工硬化性を増した材料。
高い硬度を持つためにゼンマイやドームスイッチ等の耐久性を要求される用途に適する。(表記例:SUS301 1/4H など)
用   途ゼンマイ・ボルト・ナット、コンベヤ、鉄道車両など
略式組成17Cr-7Ni 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
棒鋼 1/4H:5101/4H:860
1/2H:7551/2H:1030
3/4H:8603/4H:1210
H:960H:1270
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS301L鋼板 特   徴SUS301の低炭素鋼。加工硬化性は301に及ばないが、耐粒界腐食性、溶接性に優れる。
用   途鉄道車両、ガスケット、各種耐疲労部材。
略式組成17Cr-7Ni-低C-N 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]215 引張強さ[N/mm2]550
形鋼 1/4H:3451/4H:690
1/2H:4101/2H:760
3/4H:4803/4H:820
H:685H:930
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4320] [JIS G 4320] [JIS G 3601]
SUS301J1鋼板 特   徴304よりストレッチ加工性を高めた材料。
加工硬化性(強度)は304と301の中間。
用   途バネ、厨房用品、建築、車両など
略式組成17Cr-7.5Ni-0.1C 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS302鋼板 特   徴冷間加工により、高強度を得られるが伸びは301にやや劣る。
棒鋼 用   途建築外装など
線材・線 略式組成18Cr-8Ni-0.1C 比重[g/cm3]7.93
鍛鋼品 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
形鋼 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4313] [JIS G 4314] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 3601]
SUS302B鋼板 特   徴302よりも耐酸化性に優れ、900℃以下であれば310S同等の耐酸化・強度を有する。
用   途高温装置材料、マフラー部材など
略式組成18Cr-8Ni-2.5Si-0.1C 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4319] [JIS G 3601] [JIS G 4312]
SUS303鋼板 特   徴代表的な快削ステンレス。304より被削性・耐焼付性向上、耐食性は劣る。
棒鋼 用   途ボルト・ナット、切削加工する部品など
略式組成18Cr-8Ni-高S 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318] 
SUS303Se鋼板 特   徴303同様快削ステンレス。303にSeとPを添加、304より被削性・耐焼付性向上、耐食性は劣る。
棒鋼 用   途リベット・ねじなど
略式組成18Cr-8Ni-Se 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318]
SUS303Cu鋼板 特   徴被削性冷間加工性向上。
規格では「冷・熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯」も規定されているが、調査した国内メーカーでの生産はほとんど認められない。
棒鋼 用   途シャフト類など
略式組成18Cr-8Ni-高S-2.5Cu 比重[g/cm3]
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318]
SUS304鋼板 特   徴代表的ステンレス鋼。
諸性質のバランスがとれており、ステンレス鋼や耐熱鋼として最も使用される鋼種。
通称「304(さんまるよん)」または「18-8・8-8(はちはち)ステンレス」などとも呼ばれる。
圧延加工による材料の硬化が顕著で、バネ用部品にも使用可能であり、伸びが大きく、複雑な加工に耐えうる点も、環境耐性と併せて広く使用されている理由である。
棒鋼
線材・線 用   途食品関係・一般化学・日用雑貨・建材・化学プラント
鋼管 略式組成18Cr-8Ni 比重[g/cm3]7.93
ワイヤ・ロープ 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3320] [JIS G 3446] [JIS G 3447] [JIS G 3448] [JIS G 3459] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4319] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4319] [JIS G 4320] [JIS G 4321] [JIS G 4322] [JIS G 3601] [JIS G 2309] [JIS G 3467] [JIS A 5540] [JIS A 5541] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
成型形鋼
SUS304Cu鋼板 特   徴SUS304にCuを添加し、加工硬化性を抑え成形性を改善した鋼種。
また、成形加工後の磁性はSUS304よりも低い。
JIS規格では「冷・熱間鋼板及び鋼帯」として規定されるが、生産量は僅か。
同じく304にCuを添加した鋼種ではXM7がある。
用   途器物、冷間圧造用途など
略式組成18Cr-8Ni-1Cu 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305]
SUS304H鋼板 特   徴304を加工硬化させたもの。
バネ・強靭鋼として使用。メーカーによってC含量に幅があるが、成分は304とほぼ同等。
用   途スチールベルト、一般・ボイラ用配管など
略式組成18Cr-8Ni 比重[g/cm3]
鍛鋼品 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 4319]
SUS304L鋼板 特   徴304よりC含量が少なくNi量が多い材料。
錆びにくく、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理不可の部品類など使用される。
硬度が高くなりすぎないので加工を行いやすいのも特徴。
棒鋼
線材・線 用   途溶接後、熱処理不可能な部品類
鋼管 略式組成18Cr-9Ni-低C 比重[g/cm3]7.93
ロープ・ワイヤ 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4315] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 4320] [JIS G 3214]
形鋼
SUS304N鍛鋼品 特   徴304にNを添加、延び性低下を抑え強度を高めた材料。
耐熱鋼として使用されることが多い。
用   途食品関係、化学設備、原子力プラントなど
略式組成18Cr-8Ni-N 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]345 引張強さ[N/mm2]690
JIS規格番号[JIS G 3214]
SUS304N1鋼板 特   徴304にNを添加、延性(=靭性が強いこと)低下を抑え強度を高めた材料。
部材削減効果から、構造用強度部材などへの使用が多い。
用   途構造用強度部材など
棒鋼 略式組成18Cr-8Ni-N 比重[g/cm3]7.93
線材・鋼線 耐力[N/mm2]275 引張強さ[N/mm2]550
形鋼 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4314] [JIS G 4317] [JIS G 3601]
SUS304N2鋼板 特   徴304にNとNdを添加、延び性低下を抑え強度を高めた材料。
用   途構造用強度部材など
棒鋼 略式組成18Cr-8Ni-N-Nb 比重[g/cm3]7.93
線材・鋼線 耐力[N/mm2]345 引張強さ[N/mm2]690
形鋼 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4317] [JIS G 4320] [JIS G 4321] [JIS G 4322] [JIS G 3601]
SUS304LN鋼板 特   徴304LにNを添加、304N1の特性に加え粒界腐食性を高めた材料。
用   途構造用強度部材など
棒鋼 略式組成18Cr-8Ni-N-低C 比重[g/cm3]7.93
鍛鋼品 耐力[N/mm2]245 引張強さ[N/mm2]550
JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS304J1鋼板 特   徴304のNiを低めCuを添加、冷間成形性、特に深絞り性に優れる。
用   途シンク、温水タンクなど
略式組成17Cr-7Ni-2Cu 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]155 引張強さ[N/mm2]450
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS304J2鋼板 特   徴304のNiを低めCuを添加、304J1同様、深絞り性に優れる。
用   途風呂釜、ドアノブなど
略式組成17Cr-7Ni-4Mn-2Cu 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]155 引張強さ[N/mm2]450
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS304J3鋼板 特   徴304にCuを添加、冷間加工性及び非磁性を改善した鋼種。
用   途冷間加工用ボルト・ナットなど
棒鋼 略式組成18Cr-8Ni-2Cu 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
形鋼 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4315] [JIS G 4317] [JIS G 4318]
SUS305鋼板 特   徴304に比べNi含量が多く、加工硬化性を抑え、プレス成型・絞り加工性が良好。
磁性ステンレス鋼で、電子機器関連用途において磁性を嫌う用途に用いられることが多い。
棒鋼 用   途冷間加工用ボルト・ナットなど
略式組成18Cr-12Ni-0.1C 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318] [JIS G 3601]
SUS305J1鋼板 特   徴305の低炭素鋼。加工硬化性低い。
305同様、プレス成型・絞り加工性が良好。
棒鋼 用   途冷間圧造品など
略式組成18Cr-13Ni-0.1C 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
JIS規格番号[JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4315] [JIS G 4318]
SUS308線材・線 特   徴軟鋼用溶接材料として使用される。
用   途溶接材料
略式組成19Cr-10Ni 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS308L線材・線 特   徴308のC含量を抑え、耐粒界腐食性、溶接性を高めている。
用   途溶接材料
略式組成19Cr-10Ni-低C 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS309鋼管 特   徴Cr含量を高めC含量を抑えることで耐食性・耐割れ性がよい。
用   途一般・ボイラ用配管、異材溶接材料
略式組成22Cr-12Ni-低C 比重[g/cm3]7.93
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 4316] [JIS G 3467]
SUS309L線材・線 特   徴309のC含量をさらに抑え、耐食性・耐割れ性を向上。
用   途異材溶接材料
略式組成22Cr-12Ni-低C 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS309Mo線材・線 特   徴309にMoを添加、耐食性、耐孔食性を高めている。
用   途溶接材料など
略式組成22Cr-12Ni-2.5Mo 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS309S鋼板 特   徴304に比べ耐熱性、耐食性に優れる。
用   途耐熱鋼、異材溶接材料など
棒鋼 略式組成22Cr-12Ni 比重[g/cm3]7.98
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318] [JIS G 3601] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
SUS310鋼板 特   徴高Ni含量、耐熱性・耐酸化性を高めている。
用   途鍛鋼品、一般・ボイラ用配管、溶接材料、ガスケット、硝酸タンクなど
棒鋼 略式組成20Cr-20Ni 比重[g/cm3]
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 4316]
SUS310S鋼板 特   徴NI・Crを増すことで、SUS309Sより耐酸化性と耐熱性が優れている。
用   途耐熱鋼、溶接材料など
棒鋼 略式組成25Cr-20Ni 比重[g/cm3]7.98
線材・線 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4316] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 3601] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
SUS312線材・線 特   徴Cr含量を高めC含量を抑えることで耐食性・耐割れ性がよい。
用   途溶接材料など
略式組成30Cr-9Ni 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS312L鋼板 特   徴NI含量を増し、C含量を抑えることで、耐食性と耐熱性に優れている。
用   途ボイラ用配管など
棒鋼 略式組成20Cr-18Ni-Mo6-低C 比重[g/cm3]8.03
耐力[N/mm2]300 引張強さ[N/mm2]650
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305]
SUS315J1鋼板 特   徴304より耐応力腐食割れ性、耐孔食性を向上。
用   途一般・ボイラ用配管、温水タンクなど
略式組成18Cr-10Ni-1Si-2Cu 比重[g/cm3]7.98
棒鋼 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3448] [JIS G 3459] [JIS G 3468] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601] [JIS B 2309]
SUS315J2鋼板 特   徴Si、Cuにより耐応力腐食割れ性の改善を図った鋼材。
316同等の耐隙間腐食性を示し、溶接部での耐食性に優れる。
用   途一般・ボイラ用配管、温水タンクなど
略式組成19Cr-12Ni-3Si-2Cu-1Mo 比重[g/cm3]7.93
棒鋼 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601] [JIS B 2309]
SUS316鋼板 特   徴304にMoを添加。耐食性、耐孔食性に優れ、加工後磁性が少ない。
孔食性材料。各種触媒に対して304よりも耐食性が高く、高温強度もある。
棒鋼
線材・線 用   途耐食性を要する一般家庭・工業用製品全般、プラント、ダイヤフラム、時計ベルトなど
鋼管 略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo 比重[g/cm3]7.93
ワイヤ・ロープ 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3320] [JIS G 3446] [JIS G 3447] [JIS G 3448] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 3468] [JIS G 3550] [JIS G 3557] [JIS G 3601] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4314] [JIS G 4315] [JIS G 4316] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 4320] [JIS G 4321] [JIS G 4322] [JIS G 7602] [JIS B 2309] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
形鋼
SUS316H鋼板 特   徴316を加工硬化させたもの。
バネ・強靭鋼として使用。成分は316とほぼ同等。
用   途ばね、プラント、耐食性部品など
略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo 比重[g/cm3]7.93
棒鋼 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3443] [JIS G 3419] [JIS G 3467]
SUS316L鋼板 特   徴316の極低炭素鋼。粒界腐食性を高めた材料。
線材・線 用   途食品・化学プラントなど
鋼管 略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo-低C 比重[g/cm3]7.98
ワイヤ・ロープ 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3447] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4315] [JIS G 4316] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 4320] [JIS G 3601]
形鋼
SUS316N鋼板 特   徴316にNを添加、延性(=靭性が強いこと)低下を抑え強度を高めた材料。
用   途耐食性強度部材など
棒鋼 略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo-N 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]275 引張強さ[N/mm2]550
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4322] [JIS G 3601]
SUS316LN鋼板 特   徴316LにNを添加、耐粒界腐食性を高めた材料。
用   途耐食性強度部材など
棒鋼 略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo-N 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]245 引張強さ[N/mm2]550
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS316Ti鋼板 特   徴316にTiを添加、耐粒界腐食性を高めた鋼種。
用   途温水用配管、ボイラ・熱交換機部材など
棒鋼 略式組成18Cr-12Ni-2.5Mo-Ti 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
SUS316J1鋼板 特   徴316より耐食性、耐孔食性に優れた耐硫酸用材料。
用   途耐硫酸用材料
略式組成18Cr-12Ni-2Mo-2Cu 比重[g/cm3]7.98
棒鋼 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS316J1L鋼板 特   徴316J1の低炭素鋼で、耐粒界腐食性を高めた耐硫酸鋼。
用   途食品・化学プラントなど
棒鋼 略式組成18Cr-12Ni-2Mo-2Cu-低C 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
線材・線 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4316] [JIS G 3601]
SUS316F鋼板 特   徴耐食性被削性改良鋼種。
用   途時計用バンドなど
棒鋼 略式組成18Cr-12Ni-2Mo-0.08C-高S 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
線材・線 JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4318]
SUS317鋼板 特   徴316より耐孔食性を高めた材料。
棒鋼 用   途設備外板、染色設備材料など
線材・線 略式組成18Cr-12Ni-3.5Mo 比重[g/cm3]7.98
鋼管 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4312] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4316] [JIS G 3601] [JIS G 4311]
SUS317L鋼板 特   徴317の低炭素鋼で耐粒界腐食性を高めた材料。
棒鋼 用   途要耐酸性設備など
線材・線 略式組成18Cr-12Ni-3.5Mo-低C 比重[g/cm3]7.98
鋼管 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4316] [JIS G 4319] [JIS G 3601]
SUS317LN鋼板 特   徴317LにNを添加、耐粒界腐食性を高めつつ延性(=靭性が強いこと)低下を抑え強度を高めた材料。
用   途タンク、容器など
略式組成18Cr-13Ni-3.5Mo-N-低C 比重[g/cm3]7.97
棒鋼 耐力[N/mm2]245 引張強さ[N/mm2]550
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS317J1鋼板 特   徴耐塩素材料。316L/317Lが耐えない環境用下での使用が主な目的。
用   途塩素イオンを含む液を取り扱う熱交換器、酢酸プラントなど
略式組成18Cr-13Ni-3.5Mo-N-低C 比重[g/cm3]8.00
棒鋼 耐力[N/mm2]175 引張強さ[N/mm2]480
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS317J2鋼板 特   徴317に対し、高Cr、低Moとし、Nを添加、高強度、耐食性に優れる。
用   途鉄道車両部品など
略式組成25Cr-14Ni-1Mo-N 比重[g/cm3]7.98
耐力[N/mm2]345 引張強さ[N/mm2]690
JIS規格番号[JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS317J3L鋼板 特   徴317より耐孔食性が優れる。特殊用途らしく、広く使用されるわけではない。
用   途公害処理機器、酢酸環境。
略式組成21Cr-12Ni-2.5Mo-N-低C 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 3601]
SUS836L
(旧317J4L)
鋼板 特   徴SUS317Lより耐孔食性が優る。
用   途海水熱交換器、排ガスの浄化装置。
棒鋼 略式組成22Cr-25Ni-6Mo-N-低C 比重[g/cm3]8.06
耐力[N/mm2]275 引張強さ[N/mm2]640
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS890L
(旧317J5L)
鋼板 特   徴耐海水性に優れる。各種海水使用機器などに使用。
用   途耐食機器・装置、ゴミ焼却、公害防止機器・設備
棒鋼 略式組成21Cr-24.5Ni-4.5Mo-1.5Cu-低C 比重[g/cm3]8.05
耐力[N/mm2]215 引張強さ[N/mm2]490
鋼管 JIS規格番号[JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 3601]
SUS321鋼板 特   徴Tiを添加し、耐粒界腐食性を高めたもの。
棒鋼 用   途高温用溶接構造品
線材・線 略式組成18Cr-9Ni-Ti 比重[g/cm3]7.93
鋼管 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3446] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4316] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 3601] [JIS G 4311] [JIS G 4312]
形鋼
SUS321H鋼管 特   徴321を加工硬化させたもの。バネ・強靭鋼として使用。成分は321とほぼ同等。
用   途高温用溶接構造品
略式組成18Cr-9Ni-Ti 比重[g/cm3]7.93
鍛鋼品 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 4319]
SUS347鋼板 特   徴Ndを含み、耐粒界腐食性を高めた耐熱鋼。
棒鋼 用   途熱交換機など
線材・線 略式組成18Cr-9Ni-Nb 比重[g/cm3]7.93
鋼管 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
鍛鋼品 JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3446] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 3468] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4316] [JIS G 4317] [JIS G 4318] [JIS G 4319] [JIS G 3601]
形鋼
SUS347H鋼管 特   徴347を加工硬化させたもの。バネ・強靭鋼として使用。成分は347とほぼ同等。
用   途熱交換機用部品・配管類など
略式組成18Cr-9Ni-Nb 比重[g/cm3]7.93
鍛鋼品 耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
JIS規格番号[JIS G 3214] [JIS G 3459] [JIS G 3463] [JIS G 3467] [JIS G 4319]
SUS347L線材・線 特   徴SUS347の低炭素鋼で、耐粒界腐食性が優る。
用   途熱交換機用部品・配管類など
略式組成18Cr-9Ni-Nb-低C 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
JIS規格番号[JIS G 4316]
SUS384鋼板 特   徴305より加工硬化性が低い。
用   途厳しい冷間圧造、冷間成形品用途
棒鋼 略式組成16Cr-18Ni 比重[g/cm3]
耐力[N/mm2] 引張強さ[N/mm2]
線材・線 JIS規格番号[JIS G 4308] [JIS G 4313] [JIS G 4315]
SUSXM7鋼板 特   徴304にCuを添加、冷間加工性の向上を図った鋼種。
用   途器物、冷間圧造用途
棒鋼 略式組成18Cr-9Ni-3.5Cu 比重[g/cm3]7.93
耐力[N/mm2]155 引張強さ[N/mm2]450
線材・線 JIS規格番号[JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4308] [JIS G 4309] [JIS G 4313] [JIS G 4315] [JIS G 3601]
SUSXM15J1鋼板 特   徴304のNi含量を増し、Siを加えることで耐酸化性、高温強度、クリープ強度を向上。耐塩素材料。
用   途耐熱・対塩素部材など
棒鋼 略式組成19Cr-13Ni-3.5Si-0.15Nb 比重[g/cm3]7.75
耐力[N/mm2]205 引張強さ[N/mm2]520
線材・線 JIS規格番号[JIS G 3463] [JIS G 4303] [JIS G 4304] [JIS G 4305] [JIS G 4309] [JIS G 3601] [JIS G 4311] [JIS G 4312]

2010年11月 更新


ステンレス関連のJIS規格番号

クラッド鋼

【JIS G 3601】ステンレスクラッド鋼 2002年 改正

継ぎ手

【JIS B 2308】ステンレス鋼製ねじ込み継手 2002年 改正
【JIS B 2309】一般配管用ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手2009年 制定

鋼 管

【JIS G 3446】機械構造用ステンレス鋼管2004年 改正
【JIS G 3447】ステンレス鋼サニタリー管2004年 改正
【JIS G 3448】一般配管用ステンレス鋼管2004年 改正
【JIS G 3459】配管用ステンレス鋼管 2004年 改正
【JIS G 3463】ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼管2006年 改正
【JIS G 3467】加熱炉用鋼管1988年 改正
【JIS G 3468】配管用溶接大径ステンレス鋼管2004年 改正

ステンレス鋼・耐熱鋼・超合金

【JIS G 3320】塗装ステンレス鋼板1999年 改正
【JIS B 4303】ステンレス鋼棒2005年 改正
【JIS G 4304】熱間圧延ステンレス鋼板および鋼帯2005年 改正
【JIS B 4305】冷間圧延ステンレス鋼板および鋼帯 2005年 改正
【JIS B 4308】ステンレス鋼線材1998年 改正
【JIS G 4309】ステンレス鋼線1999年 改正
【JIS B 4310】ステンレス鋼板および耐熱鋼板質量算出方法1999年 改正
【JIS B 4311】耐熱鋼棒1991年 改正
【JIS G 4312】耐熱鋼板1991年 改正
【JIS B 4313】ばね用ステンレス鋼帯1996年 改正
【JIS B 4314】ばね用ステンレス鋼線1994年 改正
【JIS G 4315】冷間圧造用ステンレス鋼線2000年 改正
【JIS B 4316】溶接用ステンレス鋼線材1991年 改正
【JIS B 4317】熱間成形ステンレス鋼形鋼2005年 改正
【JIS G 4318】冷間仕上ステンレス鋼棒 1998年 改正
【JIS B 4319】ステンレス鋼鍛鋼品用鋼片1991年 改正
【JIS B 4320】冷間成形ステンレス鋼形鋼2003年 改正
【JIS G 4322】鉄筋コンクリート用ステンレス異形棒鋼2008年 制定
【JIS B 4901】耐食耐熱超合金棒1999年 改正
【JIS B 4902】耐食耐熱超合金板 1991年 改正

構造建築用

【JIS A 5540】建築用ターンバックル2003年 改正
【JIS B 5541】建築用ターンバックル胴2003年 改正
【JIS A 5542】建築用ターンバックルボルト2003年 改正
【JIS B 1054-1】耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第一部ボルト、ねじおよび植込みボルト 2001年 制定
【JIS B 1054-2】耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第二部ナット2001年 制定
【JIS G 3352】デッキプレート2003年 改正
【JIS B 3550】構造用ステンレス鋼ワイヤロープ2003年 制定
【JIS B 4321】建築構造用ステンレス鋼材2000年 制定

鋳鍛造品

【JIS G 3214】圧力容器用ステンレス鋼鍛鋼品1991年 改正
【JIS G 5121】ステンレス鋼鋳鋼品2003年 改正
【JIS G 5122】耐熱鋼及び耐熱合金鋳造品2003年 改正

溶接材料

【JIS Z 3221】ステンレス鋼被覆アーク溶接棒2003年 改正
【JIS Z 3224】ニッケルおよびニッケル合金被覆アーク溶接棒1999年 改正
【JIS Z 3321】溶接用ステンレス鋼溶加棒およびソリッドワイヤ2003年 改正
【JIS Z 3322】ステンレス鋼帯状電極肉盛溶接材料2002年 改正
【JIS Z 3323】ステンレス鋼アーク溶接フラックス入り2003年 改正
【JIS Z 3324】ステンレス鋼サブマージアーク溶接ソリッドワイヤおよび フラックス1999年 改正

その他

【JIS G 0595】ステンレス鋼の表面さび発生程度評価方法2004年 制定

ステンレスのJIS記号について

【SUSとは】
SUS (Steel Use Stainlessの頭文字) : ステンレス鋼材(板・帯・棒・線・管)
SCS (Steel Casting Stainlessの頭文字) : ステンレス鋳鋼品
【記号中の3桁の数字】
200番台 : クロム・ニッケル・マンガン系
300番台 : クロム・ニッケル系
400番台 : クロム系
600番台 : 高温高強度合金系
【数字前後のアルファベット】
L  : 低炭素を表す(Low Carbon)   (例) SUS304L
J  : 日本独自の鋼種を表す   (例) SUS316J1
XM : ASTM規格(アメリカ材料試験協会規格)での特許鋼種   (例) SUSXM27
N  : 窒素が添加された物(強度を上げるため)   (例) SUS304N
【形状/圧延方法を示す記号末尾のアルファベット】
B  : 棒(Bar)
HP : 熱間圧延鋼板(Hot Plate) 構造材に主として使用
CP : 冷間圧延鋼板(Cold Plate) 表面材として使用

※株式会社ヨシカワ実現屋事業部ホームページ内、「知識の蔵」より抜粋


営業日カレンダー 会社地図 default