タンブラーができるまで

ステンレスの板が商品になるまでの工程をご紹介します!

>「やかん ができるまで」はコチラ

2重タンブラーができるまで

ステンレス鋼の板から、この形になるまで、どのような工程を経ているか見てみましょう。
この商品は2重タンブラーという名前の通り、内側容器と外側容器の二重構造になっています。
それぞれを別々に作って、1つの商品になっています。

内側容器

  • 1.ブランク

    板材のステンレス鋼を丸い形に抜きます。
    ちょうどお菓子作りで生地から型を使って丸い形に抜くのと同じです。
  • 2.絞り(1工程)

    さきほどの丸い板をプレス機を使って「ぐぅ~っ」と押すと、写真のような筒状の形になります。
  • 3.絞り(2工程)

    更に深い形にしていきます。一回でいきなり深い形にすると割れてしまったりするので、だんだん深い形にしていきます。
  • 4.スピニング加工(成型)

    この工程では、さきほどとは違う機械を使って更に深い形にしていきます。3つの工程を経て、ようやく商品の高さまで加工することができました。
  • 5.側抜き(がわぬき)

    余分な部分をプレス機で抜いていきます。
    これで内側容器の形が完成です。

外側容器

  • 1.ブランク

    内側容器と同じです。
  • 2.絞り(1工程)

    内側容器と同じですが、少し深めになっています。
  • 3.絞り(2工程)

    外側容器も内側容器と同じでだんだん深い形にしていきます。
  • 4.底刻印

    底に商品の刻印を押します。
  • 5.プレス成型(1工程)

    形を整えていきます。
    さきほどより、商品の形に近づいてきました。
  • 6.プレス成型(2工程)(1)

    更に形を整えます。さっきとの違いが分かりますか?
  • 7.プレス成型(2工程)(2)

    向かって右側が加工後です。比べてみると、若干背が高くなっているのが分かります。形が少しスリムになっている分です。この微妙な違いの工程を経て形を整えていく事で、より良い商品となっていきます。
  • 8.トリミング

    余分な部分を切り取ります。
  • 9.研磨

    まだ仕上げの研磨ではありませんが、一度磨いておきます。
    ちょっとツヤが出てきました。
  • 10.模様出し

    ここでこの商品の顔になるダイヤモンド模様をつけます。

1つの製品へ

  • 1.嵌合(1)

    ここで、内側と外側を別々に作っていた物を合わせます。
  • 2.嵌合(2)

    合わせた部分の境目が分かりますか?境目が分からないくらいきっちり合わせていないと、次の工程に影響が出てくる為です。
  • 3.溶接

    合わせた部分を溶接でくっつけます。金属が溶けるほどの高熱ですので、焼けて変色しているのが分かります。
  • 4.仕上げ研磨

    ここで最後の仕上げの研磨をします。磨き屋さんの腕の見せ所です。ピカピカに磨いてもらっています。
  • 5.マーキング

    磨き屋シンジケートのロゴマークを入れます。
  • 6.完成品

この商品は磨き屋シンジケート2重ビアタンブラー(ダイヤモンドカット仕上げ)
「クックパルWebShop」で販売中です!

画像 ページTOPに戻る